気になる眼精疲労は日頃から対策しよう|目の健康情報局

目のかゆみや痛み

サプリメント

眼精疲労とは目を酷使することにより、目の奥の痛み・かゆみ・常に乾くなどの症状が現れることを言います。眼精疲労の予防として、パソコンやスマートフォンの長時間の使用は控えましょう。また睡眠不足は眼精疲労の悪化を招くため、夜更かしはせずにしっかり睡眠時間を確保することが大切です。

眼の疲労回復と健康維持に

薬

ブルーベリーには眼の疲労回復に役立ち、強い抗酸化作用を持つアントシアニンのほか、ビタミンAやビタミンEが豊富に含まれています。このほかルテインやベータカロテンなど、相性の良い成分を含んだサプリが栄養補給にお勧めです。

目の疲れには

ブルーベリー

温めてほぐす

日常の就業先における業務で特に事務作業であればおのずとパソコンと向き合うことも少なくありません。パソコン作業を長時間続けているとその形式上、眼精疲労を引き起こす引き金となり、それらは慢性的な肩こりや腰痛などに発展しかねません。そうならないためにも日ごろから眼精疲労に対する対策法を持って臨むのが、業務を長続きさせるための秘訣といえます。基本的に眼精疲労の多くは目の周りの筋肉が凝り固まり起こるとも考えられています。それらを防止するためには目の周りをこまめに温めてほぐしてやることが対策法として挙げられます。ここ最近では目の周りを温める商品などもあるので、できる限り作業中に小休止を挟み、継続させることが何よりといえるでしょう。

様々な方法とは

眼精疲労には上記で述べたように目の周りを温めるほかに、目を上下左右に動かす眼球運動も効果的です。また遠くを見て近くを見るといった動作の繰り返しを併用して行うのもさらによい対策といえます。それらの運動を行う際には、入浴後等の温まった時が一番効果を発揮します。目の周りのマッサージを行いつつ眼球運動することを意識しましょう。目に効果的なサプリメントを引用するのもよい取り組みといえ、ブルーベリーが配合されているサプリメントなども対策法として効果的です。ここ最近では通信販売及びネットなどでも気軽に購入ができ、定期購読などもあります。販売業者によりけりですが、最初の一か月は無料お試しなどのキャンペーンもあるので、いろいろと調べてみて自身にあった企業を選別するのが何よりです。

使い方を考えた利用

薬

EPAは良い作用をもたらしますがこれだけでは不足するので自分を変える事も大事で、バランスを考慮した上で食事する事に関しても重視して併用するべきです。EPAの効果にも得手不得手があり理解した利用が必要で不足分は他のサプリメントにも頼るべきで、更にはそれを予め補った商品等を利用すると尚良い物となります。